天才つんく♂が嫉妬したアーティストは宇多田ひかる?【日曜日の初耳学】

エンタメ

こんにちはHaHaです。

音楽界を一世風靡したつんく♂さんが日曜日の初耳学に出演されています。

誰もが天才と思っていたつんく♂さんが当時嫉妬していたアーティストが公開されています。

スポンサーリンク

つんく♂さんのプロフィール

https://www.sankei.com/

日本を代表する音楽家のつんく♂さんですが、モーニング娘。などのグループをヒットされる以前は数々のアーティストに嫉妬したり、ライバル意識も多かったようです。

つんく♂が嫉妬したアーティストは宇多田ヒカル

アメリカへ行き、R&Bを最新で感じ、手応えを感じていたつんく♂さんは当時デビューしてきたアーティストに衝撃を受けられます。

そのアーティストとは、宇多田ヒカル

realsound.jp

当時16歳でデビューされて世の中に確変を起こした宇多田ヒカルさん。

自分が天才だと思っていたつんく♂さんは絶望されたようです。

宇多田ヒカルさんの音楽への才能は、全世界の人々に影響を与えたのですね。

宇多田ヒカルさんの出現によって、つんく♂さんの音楽人生を変えていきます。

天才を超えるためににつんく♂がしたことは?

今まで自分が天才で圧倒的な才能を持っていたと思っていたつんく♂さんは天才たちの出現に音楽家への考え方を変えていきます。

現在も、つんく♂さんが嫉妬したり、尊敬されるアーティストの方はたくさんいらっしゃるようです。

Mr.Children、米津玄師…

しかし、天才的なアーティストたちがデビューするまでにたくさん努力していたことを知ると、自らも徹底的に量で勝負していきます。

自分の感覚でいい、悪い、ではなく圧倒的な量の作詩と制作量でその中からよりスグリを厳選していく。

つんく♂さんのこの経験がなければ、現在の日本の音楽界にはなかった歌がたくさんあったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

つんく♂さんのまとめ

日本の音楽界の一世風靡したつんくさんは

「本当の天才は他のアーティストに悔しい気持ちは抱かない。」

と言い残されていた、自身も現在の考えになるまではヒットしたアーティストに嫉妬心や憧れを抱いていたそうです。

それからここまでの地位に上り詰めたのも、つんく♂さん自身が自分で気付き圧倒的な努力量で結果を出された賜物です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました