夫の激務話をしたら「支えてやれ」って、これ以上どう支えるの?話題のツイート

話題のツイート

こんにちはHaHaです。

今日は話題のツイートをご紹介します。

結婚されている女性は、どのように旦那様や家族を支えられていますか?

各家庭での家族のあり方は様々で、批判や共感はありますね。

男性側、女性側でも意見は異なりますね。

どんな家族がいいという正解はありませんが、共感されるということは世の中には同じ思いの人は少なくないということ。

あなたはこのツイートを、どのように共感されますか?

スポンサーリンク

まだまだ内助の功が抜けない日本文化

内助の功とは?
「陰で献身的に支え夫を出世させる妻」を意味する言葉です。類語には、「縁の下の力持ち」などがあります。夫を心から愛し栄養たっぷりのご飯を用意するなど献身的なサポートをすること。

類義語に「縁の下の力持ち」という言葉がありますが、まさにその通り.

内助の功はとっても素晴らしい日本文化ですね。

現代は結婚して子供が産まれても、外に働きに出るママの多く

仕事・家事・育児

日々自分の時間は後回しで

家族の健康のために食事のメニューを考え、

洗い物をし

片付ける。

また時間がきたら、食事を作り、片付ける。

洗濯ネットに入れ、回し、綺麗に干す、畳む、片付ける。

雨が降れば洗濯が億劫になり

コインランドリーに走る。

子供が寝かせ、残った家事をやっつけ仕事。

それでも夫は気づかない。w

育児をしているママさんたちは、座っている暇はございません。

私も毎日

あれ、今日いつ座ったかな?

座ってないんですw

しかし、自分の両親を振り返るとやっぱり家のことは大体母親がメインでしたし、

20年30年前は今とは比べものにならないくらい、男性は家事に参加されていなかったように思います。

なので、その家庭で育った男子たちは必然的に軽い「亭主関白」になるわけですw

スポンサーリンク

日本のイクメンは本当に増えているのか?

男性の育休が政府は推進していますが、まだまだ思うように育休が取れないのも日本の課題ですね。

最近日曜日の公園には子供連れのイクメンパパさんたちがいっぱい!!

私は子供と全力で遊んでいるパパさんに感心させられます。

普段なかなか遊べないパパの魅力ってたくさんある。

海外では、男性が育児に前向きで家事をすることはもはや当たり前。

和ツィは専業主婦の間、夫は言葉にしませんが

「仕事してるから。」オーラ全開に見え隠れしていましたし、

潜在的にそう思っているんです。w

「そんなことないよー。」とは言いますが。

いや、態度に出てますよー。w

激務の夫を支えてやれ 話題のツイート

この話題のツイートを拝見すると、この方が日頃どれほど全力で

仕事・家事・育児

をこなされているかが一目瞭然です。

ただ旦那様のお仕事が激務で、奥様のその話を聞いた方は

旦那様の仕事の激務というポイントにフォーカスを当てている

でもね、仕事から疲れて帰って家に電気がついてて

温かい食事が食べられて、家族みんなで過ごせてること、

十分支えられてます!!

他に何がありますか?

なんだか最後は熱くなっちゃいましたねw

スポンサーリンク

まとめ

いかがですか?

共感できるところ、ありましたか?

男性、女性、それぞれ意見は異なるはず。

日本の男女平等はいつ解消されるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました